【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて 『海外不動産を使った節税スキームの見直し』

お元氣様です。税理士法人SBCパートナーズ代表社員小原健嗣でございます。
早いもので今年も師走を迎えました。2019年は改元や消費税率の引き上げなどいろいろありましたが、皆様にとってどのような1年だったでしょうか。
1年間をきちんと振り返り、新しい年に臨みたいですね。

来年度の税制改正の議論が始まっていますが、従来から富裕層の間で利用されてきた「海外不動産を使った節税スキーム」の見直しが検討されています。

不動産である建物の減価償却費は減価償却資産の取得日及び種類に応じて定められた償却の方法と、耐用年数省令に基づいた法定耐用年数とにより定められた償却率を取得価額に乗じて計算するのが原則となっています。
しかし、法定耐用年数の全部を経過した中古の減価償却資産の場合、法定耐用年数の100分の20を乗ずる簡便法を用いることが認められています。

例えば鉄骨鉄筋コンクリート造の法定耐用年数は47年ですが、法定耐用年数の全部を経過した場合の耐用年数は47年×20/100=9年となります。
これは所有する海外の建物についても適用されます。

購入価額に占める建物と土地の比率は日本に比べアメリカやイギリスでは建物の比率が高くなっています。
また、日本の住宅は築後20年で価値が大きく下落しますがアメリカやイギリスではあまり下落しない特徴があります。

このため海外の中古住宅を購入した場合、高額な減価償却費を早期に計上でき、一定期間経過後の売却価額も安定していることから富裕層の間で節税ブームとなっていました。

過去に自動販売機などを利用した消費税の還付スキームが封じ込められましたが、今回は海外不動産がターゲットとなっています。

改正の時期や具体的内容は明らかになっておりませんが、12月中旬に発表される2020年度税制改正大綱で概要が明らかになる見通しです。

弊社では会社の税務顧問以外にも、事業承継や組織再編、相続税対策にも力を入れております。随時無料相談を行っておりますので、是非お気軽にお問合せ下さい。

税理士 小原健嗣

新着ニュース&お知らせ

2020.01.10
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて 『先端設備導入計画の認定状況を公表』
2019.12.20
【お知らせ】年末年始休業のお知らせ
2019.12.10
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて 『海外不動産を使った節税スキームの見直し』
2019.11.25
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて 『消費税転嫁拒否行為、累計で5,388件を指導』
2019.10.30
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて 『手軽に利用できる「コンビニ納付」端末のメンテナンスにご注意を』
2019.09.25
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて 『教育資金、結婚・子育て資金贈与特例でQ&Aを公表』
2019.08.08
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『IT導入補助金「サービス等生産性向上IT導入支援事業」の第二次公募がスタートしました』
2019.07.08
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『節税保険の課税強化への反発を受け国税庁ががん保険の実態調査』
2019.06.12
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『IT導入補助金2019の公募がスタートしました』
2019.05.14
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『医療費控除にマイナンバーを利用して申請手続きを自動化』

ページの先頭に戻る

タップで電話

06-6315-1839

お問い合わせ

06-6315-1839

法人案内

  • 元氣朝礼
  • 税理士の方へ
  • 税務最前線~SBC First Tax~
  • Web版 社内報 お元氣様です
  • 元氣が出るブログ

お問い合わせ

06-6315-1839

お問い合わせ

06-6315-1839

税理士法人 SBCパートナーズ

〒530-0051
大阪市北区太融寺町3番24号
日本生命梅田第二ビル3階
TEL:06-6315-1839

各線大阪駅・梅田駅から徒歩6分

アクセスはこちら