【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『平成30年分の確定申告での留意点』

お元氣様です。税理士法人SBCパートナーズ代表社員小原健嗣でございます。
2月といえば立春、暦の上では春を迎えますが、まだまだ寒い日が続きます。
風邪などひかないように、ご自愛くださいませ。

いよいよ確定申告が始まります。
平成30年分の確定申告で留意すべき事項として、国税庁でも下記の項目について注意を呼び掛けています。

(1)配偶者(特別)控除が変わります。
①控除対象となる配偶者の範囲の拡大
控除対象となる配偶者の範囲について、配偶者の給与収入金額の上限が141 万円から 201 万円(合計所得金額ベースでは 76 万円から 123 万円)に拡大されました。

②納税者本人が高所得者である場合の配偶者控除の廃止等
納税者本人が1,220万円以上の高所得者(合計所得金額ベースでは1,000万円)である場合の配偶者控除が廃止・縮減され、配偶者(特別)控除の控除額は、納税者本人と配偶者の給与収入金額(合計所得金額)に応じて低減されます。

(2)スマホ申告が始まります。
確定申告書等の作成がスマートフォンで操作できるようになります。

(3)マイナンバーの記載等をお忘れなく
確定申告書には、「マイナンバーの記載」及び「本人確認書類の提出」が必要です。

(4)医療費控除について
医療費控除の申告においては、医療費の領収書の提出は不要です。代わりに、医療費控除の明細書の提出が必要です。

(5)申告漏れにご注意を
・ネットオークションやフリーマーケットアプリ等を利用した個人取引による所得
・仮想通貨の売却等による所得
・競馬等の払戻金による所得
等は原則として確定申告が必要です。

(6)住宅ローン控除やふるさと納税の誤りにご注意を
住宅取得等資金の贈与についての贈与税の非課税特例の適用を受けた場合の「住宅ローン控除額の計算の誤り」やふるさと納税のワンストップ特例を申請された方で確定申告をすることとなった場合「ふるさと納税の申告漏れ」に注意が必要です。

(7)コンビニ納付が利用できます。
所得税等の納付については、QRコードを利用してコンビ二で納付することができます。

資料は早めにご用意頂き漏れがないかご確認ください。
併せて来年に向けての節税対策も行いましょう。

弊社では会社の税務顧問以外にも、事業承継や組織再編、相続税対策にも力を入れております。また随時無料相談を行っており、セミナーや各種勉強会も充実しております。是非お気軽にお問合せ下さい。

税理士 小原健嗣

新着ニュース&お知らせ

2020.05.08
日本政府より紺綬褒章を授与されました
2020.04.10
【お知らせ】緊急事態宣言に伴う当社の対応について
2020.02.25
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて 『相続税の調査状況』
2020.01.10
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて 『先端設備導入計画の認定状況を公表』
2019.12.20
【お知らせ】年末年始休業のお知らせ
2019.12.10
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて 『海外不動産を使った節税スキームの見直し』
2019.11.25
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて 『消費税転嫁拒否行為、累計で5,388件を指導』
2019.10.30
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて 『手軽に利用できる「コンビニ納付」端末のメンテナンスにご注意を』
2019.09.25
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて 『教育資金、結婚・子育て資金贈与特例でQ&Aを公表』
2019.08.08
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『IT導入補助金「サービス等生産性向上IT導入支援事業」の第二次公募がスタートしました』

ページの先頭に戻る

タップで電話

06-6315-1839

お問い合わせ

06-6315-1839

法人案内

  • 会計事務所の業務提携先募集!
  • 税理士の方へ
  • 元氣が出るブログ

お問い合わせ

06-6315-1839

お問い合わせ

06-6315-1839

税理士法人 SBCパートナーズ

〒530-0051
大阪市北区太融寺町3番24号
日本生命梅田第二ビル3階
TEL:06-6315-1839

各線大阪駅・梅田駅から徒歩6分

アクセスはこちら