【コラム】柴田昇のコーナーキック『事業承継税制のポイント』

お元氣様です。 柴田 昇です。
いつもお世話になり有難うございます。

新しい中小企業の株式の納税猶予制度が始まり、この4月1日から特例承継計画の受付が開始しました。

これまで中小企業オーナーを悩ませていた自社株式に対する相続税負担をゼロに出来る制度ですので注目が集まっています。

弊社でも多くのご相談を受けております。

特例の活用において確認するべきポイントは次の3つです。

(1)自社株式に対する相続税負担はいくらになるのか?

(2)遺留分の問題はないのか?

(3)将来的にM&Aで自社株売却の可能性は?

自社株式の評価が高い、またはこれから高くなるなら是非活用するべきです。

遺留分問題で悩まれている方は多いです。

自社株式については民法特例を併用することにより遺留分問題を回避することができます。

事業承継の出口としてM&Aを考えられている方は準備として特例承継計画を提出しておいて企業価値を高めていくべきです。

親族状況、後継者の有無、自社の純資産・将来性等によって自社株式に関するお悩みは多種多様です。

今やるべきことは現状を確認して事業承継の方向性を決めることです。

ご興味のある方は、弊社スタッフにご相談下さい。
専門スタッフがお手伝いをさせて頂きます。

税理士 柴田 昇

新着ニュース&お知らせ

2019.02.15
【大阪】ビジネスマナーセミナー
2019.02.06
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『平成30年分の確定申告での留意点』
2019.01.08
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『住宅借入金等特別控除等の適用ミスに注意』
2019.01.07
【お知らせ】『SBCグループ拠点情報 三島支店』
2018.12.18
【お知らせ】年末年始休業のお知らせ
2018.12.07
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『仮想通貨の税務上の取扱いについて』
2018.11.05
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『事業承継税制の特例措置』
2018.10.05
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『有価証券等の譲渡に係る消費税の内外判定の改正』
2018.09.06
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『平成30年分 給与所得の源泉徴収票の見直し対応』
2018.08.07
【コラム】税理士こはらけんじの一灯を提げて『民泊新法による宿泊事業の所得は雑所得』

ページの先頭に戻る

タップで電話

06-6315-1839

お問い合わせ

06-6315-1839

法人案内

  • 元氣朝礼
  • 税理士の方へ
  • 税務最前線~SBC First Tax~
  • Web版 社内報 お元氣様です
  • 元氣が出るブログ

お問い合わせ

06-6315-1839

お問い合わせ

06-6315-1839

税理士法人 SBCパートナーズ

〒530-0051
大阪市北区太融寺町3番24号
日本生命梅田第二ビル3階
TEL:06-6315-1839

各線大阪駅・梅田駅から徒歩6分

アクセスはこちら