【コラム】    社長のための 税金と会計『2016年度の物納申請件数が2年連続で増加』

物納制度とは、相続税について延納によっても金銭で納付することが困難な場合に、
納税者の申請によりその納付を困難とする金額を限度に一定の相続財産による物納が認められている制度です。

国税庁が発表した2016年度相続税物納処理状況等では、
同年度の物納申請は140件と前年度に比べて10件増加しました。

物納申請件数は、相続税の延納適用者に対し物納に切り替えられる特例措置が実施されていた
1994年に1万6066件とピークを迎え、それ以降は減少傾向でしたが、
2015年度に6年ぶりに増加に転じ、今回で2年連続の増加となりました。
2016年度の物納申請件数140件の申請金額は325億円と前年の69億円を大きく上回っています。

ピーク時に比べると大幅に減少してきましたが、
2015年度から相続税基礎控除の引下げによる大幅な課税強化が行われているためだと思われます。
相続が発生してから納税資金確保のために不動産を慌てて処分するとどうしても不利な条件になってしまいます。


相続対策の3原則である

(1) 分割対策
(2) 納税資金対策
(3) 節税対策

を生前に余裕を持った期間で行うことが大切です。

税理士 小原 健嗣

新着ニュース&お知らせ

2018.01.05
【コラム】    税理士こはらけんじの一灯を提げて『仮想通貨に関する所得の計算方法等について』
2018.01.05
【お知らせ】  『SBCグループ拠点情報 なんばオフィス』
2017.12.26
【お知らせ】  年末年始休業のお知らせ
2017.12.20
【コラム】    柴田昇のコーナーキック『2018年度税制改正大綱』
2017.12.05
【コラム】    税理士こはらけんじの一灯を提げて『役員退職金支給に係る“功績倍率法”の明記』
2017.12.01
【お知らせ】  『SBCグループ拠点情報 東三河オフィス』
2017.11.21
【コラム】    柴田昇のコーナーキック『外貨の運用でリスク分散』
2017.11.06
【コラム】    税理士こはらけんじの一灯を提げて『医療費控除の添付書類に関する改正』
2017.10.19
【コラム】    柴田昇のコーナーキック『中小企業の出口戦略その3 M&Aという選択』
2017.10.17
【お知らせ】  『広大地改正による大増税!!~年内なら打つ手があります~』

ページの先頭に戻る

06-6315-1819

お問い合わせ

法人案内

  • 元氣朝礼
  • 心のビタミン
  • 税理士の方へ
  • 税務最前線~SBC First Tax~
  • Web版 社内報 お元氣様です
  • 元氣が出るブログ

お問い合わせ

06-6315-1819

お問い合わせ

税理士法人 SBCパートナーズ

株式会社柴田ビジネス・
                   コンサルティング

〒530-0051
大阪市北区太融寺町3番24号
日本生命梅田第二ビル3階
TEL:06-6315-1819

各線大阪駅・梅田駅から徒歩6分

アクセスはこちら