2012年税制改正(9)土地住宅税制の見直し

[] 土地住宅税制の見直し

4 居住用財産の買換え等の譲渡損失の繰越控除等の適用期限の延長 →

  □ 改正の目的

    地価高騰期に住宅を取得した者においては、多額の含み損を抱えていることが

多くなっている。当該損失に対応して税負担を軽減し、買換えに対する障害を減

少させることにより、ライフステージに応じた円滑な住み替えを支援することを

目的としています。

(1)       改正の内容

個人が居住用財産の譲渡損失の金額を有する場合に、買換資産に係る住宅借

入金を有する等の一定の要件の下で、その譲渡損失の発生した年における他の

所得との損益通算及び翌年以後3年間の譲渡損失の繰越控除制度の適用期限が

延長されました。

(2)        実施時期

 この改正は、平成24年1月1日から平成25年12月31日まで延長さ

れます。

(3)        実務家の注意すべき点

 繰越控除の適用は、その控除を受けよとする年の年末において買換え資産

に係る住宅借入金等の残高があること及びその年分の合計所得金額が3,000

万円以下の場合に繰越控除をすることができます。

 

 

 

ページの先頭に戻る

06-6315-1819

お問い合わせ

法人案内

  • 元氣朝礼
  • 心のビタミン
  • 税理士の方へ
  • 税務最前線~SBC First Tax~
  • Web版 社内報 お元氣様です
  • 元氣が出るブログ

お問い合わせ

06-6315-1819

お問い合わせ

税理士法人 SBCパートナーズ

株式会社柴田ビジネス・
                   コンサルティング

〒530-0051
大阪市北区太融寺町3番24号
日本生命梅田第二ビル3階
TEL:06-6315-1819

各線大阪駅・梅田駅から徒歩6分

アクセスはこちら