税務代理について

税務代理とは

納税者の代わりに、税務署に対して税金に関する申告や申請を行うことを税務代理といいます。

所得税や相続税や贈与税、法人税等は、納税者が自分で計算して納める、自主申告、自主納税です。

しかし、税法は非常に複雑な法律でしかも、頻繁に改正があります。

そのような理由で、税法の知識のない一般の人が、自分で申告・納税をするということは大変難しいことです。

現実的には、税理士がお手伝いをすることになり、それらが税理士の業務です。

 

また、申告・納税をすれば終わりというわけではありません。

申告・納税を行った後に税務署からの問合せがあります。

その中でも、提出した申告書に疑問点があると、税務署は申告者に質問をしたり意見を聞いたり、会計帳簿や証拠書類を調べます。

このことを税務調査といいます。

税務調査の立会といって、納税者と同席をしたり、納税者の代わりに説明をしたり意見を言い

納税者側の事情の説明をします。

これも税理士の業務のひとつです。

税務調査では、税法の解釈の違いなどについて、税務署の担当者と意見を交わし、強く主張したりする場面があります。

議論の末、納税者側の主張を通すことも税理士の大切な仕事のひとつであり税理士の評価にもなります。

 

ページの先頭に戻る

06-6315-1819

お問い合わせ

法人案内

  • 元氣朝礼
  • 心のビタミン
  • 税理士の方へ
  • 税務最前線~SBC First Tax~
  • Web版 社内報 お元氣様です
  • 元氣が出るブログ

お問い合わせ

06-6315-1819

お問い合わせ

税理士法人 SBCパートナーズ

株式会社柴田ビジネス・
                   コンサルティング

〒530-0051
大阪市北区太融寺町3番24号
日本生命梅田第二ビル3階
TEL:06-6315-1819

各線大阪駅・梅田駅から徒歩6分

アクセスはこちら