投資総額と資本金

投資総額という言葉をご存じでしょうか。

私は次のような理解で認識しています。

中国側からして「何ぼ投資してくれるん??」

要は「外貨はどのくらい入ってくるのか」ということです。


投資総額=資本金額+外貨借入枠 という風にご理解ください。

 

例えば、投資総額が300万米ドル以下の場合、70%以上を資本金に入れなければなりません、

そうするとおのずと30%未満が外貨借入枠になるわけです。


それではなぜ外貨借入枠というものが設けられているのでしょうか?

 

中国国内での活動のため資金がいる場合(工場建設など)では資本金だけではまかなえませんから、

外国(日本)にある親企業から借りなければ賄えないので、外貨が送金されてくる。

外貨送金されてくると調べないといけない、ただしどこかで尺度が必要ですから、規制がある。

まあ、自然な流れですよね。

 

なお、外貨借入枠はプロジェクトの申請にあたり、認可を受けている項目(投注差)ですから、

これらを超えないようにしなければなりません。

また、少なすぎる資本金で設立すると、投資総額も少なくなりますから、

安易に少額で会社を設立して進出したとしても、借入枠にも限界が出て立ち行かなくなる。

こういったことも実務上起こってきますから、安易に設立すると大変ということが理解頂けるでしょうか。

 

中国進出支援 上海便り 一覧

2012.05.08
設立の手続き(その2)
2012.05.08
設立の手続き(その2)
2012.05.01
設立の手続き(その1)
2012.04.24
会社の経営管理機関
2012.04.24
ちょっとした楽しみ
2012.04.19
sakura
2012.04.17
企業名称
2012.04.10
開発区
2012.04.03
進出地域の選定
2012.03.27
外貨(債)管理

全てを表示

ページの先頭に戻る

06-6315-1819

お問い合わせ

法人案内

  • 元氣朝礼
  • 心のビタミン
  • 税理士の方へ
  • 税務最前線~SBC First Tax~
  • Web版 社内報 お元氣様です
  • 元氣が出るブログ

お問い合わせ

06-6315-1819

お問い合わせ

税理士法人 SBCパートナーズ

株式会社柴田ビジネス・
                   コンサルティング

〒530-0051
大阪市北区太融寺町3番24号
日本生命梅田第二ビル3階
TEL:06-6315-1819

各線大阪駅・梅田駅から徒歩6分

アクセスはこちら